学生タウンなごやポータルサイト N-chan
文字サイズの変更   
メニュー
twitter

まち情報てくてく名古屋レポート

てくてく名古屋レポート

一覧へ 名古屋の魅力再発見!
学生による「まち歩き」ツアー

2016/7/14緑区有松

みなさん、こんにちは!てくてく名古屋です。
今回は有松に行ってきました。
有松は都市景観重要建築物等指定物件に指定されている建物があり
今話題のスポットです!!
有松までは名古屋から名鉄で20分ほどで行けるため、想像していたよりも近く
遊びに行きやすい場所にあります。

まずは、車庫や指定物件にされている住宅のほうへ歩いてみました!

左側は名古屋市指定有形民俗文化財の「神功皇后車(じんぐうこうごうしゃ)山車」の
保管倉に用いられているそうで、山車はお祭りの時に出されるところを見ることができます。

右の写真の建物は岡家住宅といって江戸時代末期の重厚な有松の絞問屋の建築形態がのこされているようで、このような建物がいくつかありました。

そういった建物を見て歩いていると有松天満社を発見!!

とりあえず、登ってみることに。
両脇に立ててある、旗もよくよくみると有松絞で作られていて驚きました。
結構、階段が長く続き本殿まで行くのに息があがってしまいました・・・
人気は少なくとても静かでしたが、春と秋に行われるお祭りでは多くの人で賑わうようです!!
有松天満社について詳しく書いてあるので、こちらのサイトを見てみてください!!
http://www.arimatsunomachi.com/dashi.html

次にお店やカフェが立ち並ぶほうへ歩いてみました!
すると、まずパン屋さんを発見。みんなで入ってみました。
おいしそうなパンが並んでいて見ていると・・・「有松絞パン」という
断面がマーブルになっているとてもかわいいパンを発見!!
よくよく見てみると、高校生が考えたパンで関連記事もたくさん貼ってあり
読んでいると、その高校生が目の前にいてびっくり。

その高校生の正体は有松絞の企業でインターシップを経験し、
そのインターンをきっかけに有松の魅力に気づき「有松高校生町おこしプロジェクト」を立ち上げ町おこし活動をしており、たくさんのメディアに取り上げられている素晴らしい活動をしている高校生です!
ふらっと立ち寄ったパン屋さんでとても刺激的なお話を聞くことができました!!

そのあとは、有松絞のお店に寄ったり有松の素敵な建物を見ながら歩きました。

有松絞の浴衣を販売しているお店もあり、とても素敵な浴衣がたくさんありました。
夏は有松絞の浴衣を着てお祭りに行くのもおすすめです!!

もう少し歩いたところに、おしゃれな有松絞のハンカチなどを販売しているお店があり
そこで有松絞のハンカチを購入しました!!同じデザインでも少しずつ変わっているため
とても迷いますがそれぞれお気に入りのものを選ぶことができました!

そのあとは、「町屋カフェmado」でランチをしました。

中の雰囲気はおばあちゃんの家に来たかのような落ち着きのある店内で
畳が居心地がよく、パスタとスープランチをそれぞれ頼みましたがとてもお値打ちで
おいしかったです!!
Madoさんはゲストハウスもされていて2階は外国人の方が泊まれるように
なっているみたいです!!
有松に来た際はぜひ寄ってみてください!!

そのあとは、「まり木綿」というポップでかわいらしい有松絞のお店へ。

今までの有松絞とは違った可愛くて、きれいで若者が好きそうなデザインが
たくさんありました!!
こういった伝統の絞りそのものは変えず、色や形を変えることによって若者に
受け入れられやすくなるよう有松絞をアレンジしていることは素晴らしいと思いました!

置いてあったパンフレットに名古屋の伝統技術をもっている方々が載っているのを見て
少しずつ若者向けに変えていくことで、また注目され人気がでるのでパン屋さんで出会った井村くんのように若者が積極的に動き守っていかないといけないのかなと少し考えさせられました。